人気プロバイダーとしてこのページではNiftyを紹介させて頂きます。
ニフティと言えばプロバイダーとしての歴史も長い古くからあるインターネットサービスプロバイダー(ISP)を提供している会社ですが、Niftyの人気は高いですし、今まで続いてきた安定しているプロバイダーだと思いますが、なかなかNiftyのようにインターネット業界で生き残るのは難しいですが、サービスも良いですし、対応も良いですよね、様々なサービスも展開していますし、他のプロバイダーでも同じようなサービスを提供している所がありますが、セキュリティもインターネット契約と同時にセットで申し込めるのは良いですよね、そしてインターネットサービスプロバイダーとしてNTTとだけではなくイー・アクセスの未来を見越していたと感じましたけど、イー・アクセスの名前もNiftyとの契約で分かった、その他のインターネットサービスプロバイダと契約してイー・アクセスがある事を知った方もいると思いますけど、イー・アクセスも人気が高いですよね。
NiftyのインターネットプロバイダーサービスのADSLでは1番目、最初に紹介するコースはイー・アクセス12Mコースですが、下り最大12M、上り最大1Mという最低限な速度を保証しているADSLサービスですが、それでも現段階ではISDNからADSLに移行した方達はその速さを体感したと思いますし、実際、利用用途がインターネットショッピング、メールでの利用のみならば問題はそれ程ないと思います。
それでもイー・アクセス12Mコースも未来は遅すぎる、となるのかもしれないですが、実際に現在もこのコースを利用している方達もいるわけですから、お金のない人達を差別する人はお金のある人ですけど、収入が平均的より低くても、心の面では豊かな方達も多いですし、収入が高くても心の面が貧しい方達もいると思いますけど、それは全世界共通ですよね?自分が差別していた方達と同じ収入しかもらえなくなったときの苦しみは大きいでしょうけど、差別は絶対的な悪ですし、許してほしくないですね。
NiftyのインターネットサービスプロバイダーのADSLの次のコースはイー・アクセス39Mコースですが、下りは最大39M、上りは最大1Mと言う平均的な速度ですけど、このコースでも不満な方はいるのでしょうけど、私は意外とADSLで満足している方達は多いと思うので、以外は余分ですね(笑)私もまだADSLでの利用を続けたいと思いますから、このコースと同等の回線速度ですが、パソコンの性能だと思いますが、かなり私の回線速度は低いですね、最大下りだけでも10Mいってくれれば私は嬉しいですけどね、私の小さな悩みです(笑)悩んではいないですけどね。
NiftyのインターネットサービスプロバイダーのADSLの次のコースはイー・アクセス50Mコース、最大下りが50M、最大上りが5Mと言うコースですが、こちらで不満な方はいないと思いますけど、それでも光ファイバー、光回線と比べてしまうと劣るというのも時代は変わったなぁと思いますし、未来は分かりませんが、どこまでプロバイダーの速度が早くなっても、どこまで進化しても人間自体の体の進化はないと思いますけど、プロバイダーは進化していくでしょうし、それは技術の進化だと思います。
Niftyのインターネットサービスプロバイダーでの光回線のサービスのNifty光ライフwithフレッツでは、少し前からこれは変わらない面もありますが、最大下り100M、最大上り100Mと高速になっていますが、これで満足いかない方もいますよね、最大1Gという超高速のサービスをどこのプロバイダーも対応しつつありますからね、ただ、1Gについてはこれから評価されていくと思いますので、現時点では上記の紹介なりました。
以上でNiftyのインターネットサービスプロバイダーのADSLと光回線の紹介を終わります。