インターネットサービスプロバイダーの中でも人気が高いplalaが提供しているサービスですが、plalaも歴史はありますよね、様々な過程を経てどの会社も飛躍してきた経緯がありますし、どんなプロバイダーもお金儲けの為だけにやる所は衰退していくと思いますし、サービスを充実させて、経営としてインターネットサービスプロバイダーをしっかりと成り立たせるために責任感を持って、真面目に取り組んできたプロバイダーは伸びてきたと思いますので、plalaも日本の国内の有数のプロバイダーとして認められてきたと思います。
plalaのインターネットサービスプロバイダー(ISP)のADSLサービスでは、NTT西日本と東日本でコースでの呼び方が違いますが、まず、それぞれの最もゆっくりの速度のコースの紹介をさせて頂きますが、NTT東日本のエントリー1Mタイプ、そしてNTT西日本の1.5Mタイプでは、最大NTT東日本では最大1Mとエントリーと言っても、今では遅いタイプですね、さすがに私もこちらよりは早い速度ですが、参考にしてみてくださいね、NTT西日本では最大1.5Mとこちらも低速になっていますし、これからはこれでは厳しい面もありますよね、料金の説明はあえてしませんし、いつ変わるか分からないですからね、コースもそれぞれ変わっていくと思いますが、参考にしてくださればと思います。
それではplalaのインターネットサービスプロバイダーのADSLサービスの中速、中間的な速度のコースを紹介しますが、NTT東日本ではモア12Mタイプ、NTT西日本ではモア24Mタイプ、こちらはNTT東日本とNTT西日本で違いはありますが、東日本ではADSLでは最大12Mと平均的ですね、そして西日本では最大24Mと早いですね、どちらも魅力的ですが、他社に比べて若干料金が高い事と、速度についての入会に当たっての紹介が初心者向けではない面もあるという良くない点もありますけど、私はただ加入してほしくて書いているわけではないですし、加入してほしくないから書いているわけでもないのであくまで参考にしてみてください。
plalaのインターネットサービスプロバイダーの現時点でのADSLの最高速度のコースでは、NTT東日本ではモアV47Mタイプ、NTT西日本ではモアスペシャル47Mタイプがありますけど、こちらはどちらも最大47Mと高速になっていますが、一般的なプロバイダーでは平均的ですが、ADSLで47M?と初めて知った方は驚く方もいると思いますが、47Mならダウンロードも、インターネットも、ビジネスでも現時点では快適だと思いますし、これで速度的に遅いと感じるなら、モデムとパソコンの性能を上げる事や、plalaのインターネットサービスプロバイダーの光回線のplala光メイトwithフレッツでは、最大下り100M、上り100Mと高速ですし、様々なタイプに対応しているので、それはどこのプロバイダーでもそうですが、一戸建てや、マンションなどでも料金は変わってきますし、plalaはプロバイダーとしては高い評価を受けていますが、若干他のプロバイダーと比べると料金が高いのかなと私は感じました。
以上でplalaのインターネットサービスプロバイダーのADSLコースと光回線コースの紹介を終わります。